ニキビは大きな悩みとは言えるでしょうね。普通にも尋常性ざ瘡と呼ばれる立派な皮膚の病気です。たかがニキビと放っておくと痕が残ってしまうこともありますので適切なケア、治療が必要になります。ニキビ跡やニキビに悩まされている方は、肌の新陳代謝を意識して、生活習慣から見直していきましょう。ここで、にきびの種類について紹介します。

にきびの種類:
1、白ニキビはニキビの初期段階の状態で、毛穴に詰まった皮脂や老廃物が毛穴の内側から盛り上がった状態です。皮脂や脂肪の塊と勘違いされる方もいますが、これは立派なニキビです。白ニキビはまだ炎症を起こす前の状態ですから、かゆみや痛みもほとんどありません。
2、皮脂が過剰になって毛穴に詰まると、アクネ菌が増殖しはじめます。毛穴に詰まった皮脂は、やがて芯と言われる脂肪の塊となって毛穴を防ぎます。この状態を放置してしまうと、古い角質が酸化して黒く変色し黒ニキビとなってしまうのです。
3、赤ニキビの大きな原因は皮脂の過剰分泌だと言われています。皮脂は肌に潤いを与え、外部からやってくるホコリや細菌、ウィルスなどが入り込まないように防御する役割を果たしています。
4、黄色ニキビはニキビが悪化して化膿し黄色い膿が出た状態です。頬や髪の毛の生え際、あごなどにできやすいのが特徴と言えるかもしれません。この状態になると膿などが治まっても、ニキビ跡が残るケースが多くなりますので注意しなければなりません。
5、紫ニキビは医療用語では結節性ニキビとも呼ばれています。化膿した黄色ニキビなどと違い、痛みやかゆみはありません。ニキビに触れたときにゴリゴリとした感触を覚えるのが特徴で、デコボコして見た目が良いものではありません。